コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿島建設[株] かじまけんせつ

百科事典マイペディアの解説

鹿島建設[株]【かじまけんせつ】

1840年,町方大工鹿島岩吉の創業に始まる大手建設会社。1880年鹿島組,1947年鹿島建設を称し,1991年通称を鹿島とした。鉄道やダムなど土木事業で実績をあげ,大正期以降は建築部門へも積極的に進出した。
→関連項目大林組[株]大成建設[株]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かじまけんせつ【鹿島建設[株]】

業界トップクラス,世界でも有数の建設会社。略称鹿島。1840年(天保11)町方大工だった鹿島岩吉が江戸に〈大岩〉の店を構え棟梁として独立したのに始まる。当初は,洋風建築の草わけとなった〈英一番館〉(1860施工)など外国商館の建築を行った。鉄道建設が活発になると,2代目鹿島岩蔵は80年に〈鹿島方〉(明治に入って〈大岩〉を改称)を解散し,鹿島組(匿名組合)を設立,鉄道工事中心の土木請負業に転進した。その後,1930年に(株)鹿島組と株式会社に組織を変更し,鉄道以外にダム,港湾,橋梁などの土木工事を手がけ,また建築部門にも再び進出した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

鹿島建設[株]の関連キーワード大成建設花岡事件