コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麹黴・麴黴 こうじかび

大辞林 第三版の解説

こうじかび【麹黴・麴黴】

麴をつくるかびとそれに類するかびの一群。菌糸は立ち上がり、頂端は頭状となり、これに多数の分生子(胞子)をつける。分生子の色・形・表面構造によって種類が区別される。ニホンコウジカビは多くの酵素を含み、デンプン・セルロース・タンパク質などを分解する力が強く、酒・味噌・醬油などの醸造に利用。種によっては、アフラトキシンを生産するものや、家畜などに疾患を生じさせるものもある。麴菌きくきん。アスペルギルス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android