麻生 正蔵(読み)アソウ ショウゾウ

20世紀日本人名事典の解説

麻生 正蔵
アソウ ショウゾウ

明治〜昭和期の教育家 日本女子大学校校長。



生年
文久4年1月9日(1864年)

没年
昭和24(1949)年11月28日

出生地
豊後国玖珠郡東飯田村見留(大分県九重町)

学歴〔年〕
同志社〔明治22年〕卒

経歴
東京の帝大文科大学哲学科選科生となる。明治27年女子教育家の成瀬仁蔵に請われ、日本女子大設立に尽力するとともに、彼が創刊した雑誌「女子教育」の執筆を分担。34年開校と同時に学監、大正8年から成瀬の後を継いで学長となり、昭和6年まで在任。女性蔑視時代に男女平等の教育を説いた。著書に「家庭教育の原理と実際」「時代と民情に即した家庭教育」、訳書にエムメット・デニスモーア「男女対等論」。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android