黄 志龍(読み)コウ シリュウ

現代外国人名録2012の解説

黄 志龍
コウ シリュウ


国籍
台湾

専門
プロ野球選手(巨人・投手)

生年月日
1989/2/22

出身地
台東県

学歴
国立体育学院卒

経歴
中学生時代から台湾代表に各世代で選ばれ、台北県穀保家商、国立体育学院に進む。2006年AAA世界選手権に出場、2009年W杯では対日本戦で勝利を挙げた。2010年育成選手としてプロ野球の巨人に加入。二軍公式戦で7試合に登板、2勝2敗、防御率1.54をマークし、同年6月支配下選手契約を結ぶと、9日の対オリックス戦で一軍先発デビューを果たした。台湾では“速球王子”の異名を持つ本格派右腕。177センチ、80キロ。右投右打。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android