コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄檗千呆 おうばく

1件 の用語解説(黄檗千呆の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

黄檗千呆

江戸前期の渡来禅僧。福建省生。千呆は道号、別号に曇瑞、法諱は性侒、姓は陳。雪峰崇聖寺の即非について出家、明暦3年即非と共に来日した。長崎崇福寺2代、のち黄檗山万福寺6代住持となる。また伏見深草石峰寺開山となる。宝永2年(1705)寂、70才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄檗千呆の関連キーワード黄檗独湛黄檗独吼黄檗木庵黄檗慧林黄檗即非黄檗大鵬黄檗独立黄檗柏巌黄檗隠元黄檗道者