コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄檗大鵬 おうばく たいほう

1件 の用語解説(黄檗大鵬の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

黄檗大鵬

江戸中期の渡来禅僧。福建省生。姓は玉、別号に笑翁。享保7年長崎に渡来、全巌広昌に嗣法し、福済寺七代住持となる。延宝2年(1674)宇治黄檗山万福寺十五代住持となり、のち退隠したが、再び十八代住持となり再住した。墨竹を能くし、「大鵬の竹」と喧伝される。安永3年(1774)寂、84才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄檗大鵬の関連キーワード黄檗千呆黄檗独湛黄檗独吼黄檗木庵黄檗即非黄檗柏巌黄檗隠元黄檗悦山黄檗竺庵黄檗道者

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone