コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄檗大鵬 おうばく たいほう

美術人名辞典の解説

黄檗大鵬

江戸中期の渡来禅僧。福建省生。姓は玉、別号に笑翁。享保7年長崎に渡来、全巌広昌に嗣法し、福済寺七代住持となる。延宝2年(1674)宇治黄檗山万福寺十五代住持となり、のち退隠したが、再び十八代住持となり再住した。墨竹を能くし、「大鵬の竹」と喧伝される。安永3年(1774)寂、84才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android