黄檗大鵬(読み)おうばく たいほう

美術人名辞典の解説

黄檗大鵬

江戸中期の渡来禅僧。福建省生。姓は玉、別号に笑翁。享保7年長崎に渡来、全巌広昌に嗣法し、福済寺七代住持となる。延宝2年(1674)宇治黄檗山万福寺十五代住持となり、のち退隠したが、再び十八代住持となり再住した。墨竹を能くし、「大鵬の竹」と喧伝される。安永3年(1774)寂、84才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android