黄檗慧林(読み)おうばく えりん

美術人名辞典の解説

黄檗慧林

江戸前期の渡来禅僧。宇治黄檗山万福寺第三代住持。福州生。号ははじめ独知、法諱は性機。隠元に従い来日し摂津普門寺・仏日寺等に住した。天和元年(1681)寂、73才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android