コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄檗月潭 おうばく げったん

美術人名辞典の解説

黄檗月潭

江戸前・中期の黄檗宗の僧。近江国生。道号は惟徹、法諱は道徴のち道澄、室号は心華室。号月潭を道号として用いる。師は嵯峨直指庵の独照性円。性円と共に長崎の興福寺の隠元隆埼に面謁しその示寂まで随侍した。直指庵二世。著書に『禅悦集』四巻・『龍巌集』二巻等がある。正徳3年(1713)寂、78才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

黄檗月潭の関連キーワード江戸前

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android