黄檗独吼(読み)おうばく

美術人名辞典の解説

黄檗独吼

江戸前期の渡来禅僧。福建省福州生。独吼は道号、法諱は性獅、姓は朱。嘉福寺の雲澗弘について出家、のち黄檗隠元に参する。順治11年隠元と共に来朝、黄檗宗山城漢松院の開山となる。隠元寂後その法衣及び自賛の像を受ける。元禄元年(1688)寂、65才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android