コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄檗独文(読み)おうばく どくもん

美術人名辞典の解説

黄檗独文

江戸中期の黄檗宗の僧。福建省泉州府安渓県生。独文道号、法諱は方炳、姓は劉。元禄6年渡来、長崎福済寺第五代住持として饑飢の際に托鉢・施粥による救済を行った。享保4年黄檗山万福寺第十一代住持となり、隠元の五十回忌を厳修したのち大潜庵に退隠した。享保8年(1725)寂、70才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android