黄檗独湛(読み)おうばく

美術人名辞典の解説

黄檗独湛

江戸前期の渡来禅僧。福建省生。独湛は道号、法諱は性瑩、姓は陳。承応3年(1654)隠元に従って長崎に渡来。隠元の黄檗山万福寺開創に従い、ほどなく印可を受け、遠州浜松の初山宝林寺開山となった。また上州の二山国瑞寺を開創、ついで宇治黄檗山万福寺第四代住持となり、晩年塔頭獅子林に住した。浄土教を兼修し、「念仏独湛」と称された。宝永3年(1706)寂、79才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android