黄檗祖関(読み)おうばく そかん

美術人名辞典の解説

黄檗祖関

江戸後期の僧。祖関は道号、法諱は円密。大鵬正鯤の弟子となり、伏見の保寿庵において大鵬の印可を受けた。のち長崎分紫山福済寺の塔頭紫雲院第四代住持となる。本師大鵬に学び、墨竹画を能くする。文政5年(1822)寂、84才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android