コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄檗祖関 おうばく そかん

1件 の用語解説(黄檗祖関の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

黄檗祖関

江戸後期の僧。祖関は道号、法諱は円密。大鵬正鯤の弟子となり、伏見の保寿庵において大鵬の印可を受けた。のち長崎分紫山福済寺の塔頭紫雲院第四代住持となる。本師大鵬に学び、墨竹画を能くする。文政5年(1822)寂、84才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄檗祖関の関連キーワード黄檗来鳳黄檗華頂黄檗月潭黄檗費隠翠岩承堅心月元昇清閑宗瑾大順宗慎亀井東渓剛堂宗健

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone