コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄檗祖関(読み)おうばく そかん

美術人名辞典の解説

黄檗祖関

江戸後期の僧。祖関は道号、法諱は円密。大鵬正鯤の弟子となり、伏見の保寿庵において大鵬の印可を受けた。のち長崎分紫山福済寺の塔頭紫雲院第四代住持となる。本師大鵬に学び、墨竹画を能くする。文政5年(1822)寂、84才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android