コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄檗華頂 おうばく かちょう

1件 の用語解説(黄檗華頂の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

黄檗華頂

江戸後期の黄檗宗の僧。宇治万福寺二十五世。近江生。俗姓は藤谷、華頂は道号、法諱は文秀、号を直鈎。比叡山で方玉律師について出家し、経・律を学ぶ。のち、禅に転じ、近江正明寺の中岳に師事する。伊予の湛堂・駿河の白隠慧鶴らに参禅。後年は正明寺に住持し、万福寺二十五世住持となる。文政10年(1827)寂、88才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄檗華頂の関連キーワード黄檗鶴亭黄檗惟一黄檗竺庵黄檗湛堂黄檗鉄牛天瑞梧英梅林如芳黄檗宗万福寺派璞巌衍曜

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone