黄檗華頂(読み)おうばく かちょう

美術人名辞典の解説

黄檗華頂

江戸後期の黄檗宗の僧。宇治万福寺二十五世。近江生。俗姓は藤谷、華頂は道号、法諱は文秀、号を直鈎。比叡山で方玉律師について出家し、経・律を学ぶ。のち、禅に転じ、近江正明寺の中岳に師事する。伊予の湛堂・駿河の白隠慧鶴らに参禅後年は正明寺に住持し、万福寺二十五世住持となる。文政10年(1827)寂、88才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android