コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄檗華頂 おうばく かちょう

美術人名辞典の解説

黄檗華頂

江戸後期の黄檗宗の僧。宇治万福寺二十五世。近江生。俗姓は藤谷、華頂は道号、法諱は文秀、号を直鈎。比叡山で方玉律師について出家し、経・律を学ぶ。のち、禅に転じ、近江正明寺の中岳に師事する。伊予の湛堂・駿河の白隠慧鶴らに参禅後年は正明寺に住持し、万福寺二十五世住持となる。文政10年(1827)寂、88才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android