コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄檗蒲庵 おうばく ほあん

美術人名辞典の解説

黄檗蒲庵

江戸中期の禅僧。大坂生。道号は千文、法諱は淨印、のち淨英。大坂河北山久安寺・三河藤川の白馬山阿弥陀寺・伊勢亀山の日照山円福寺・奥州仙台両足山大年寺住持。のち宇治黄檗山万福寺第二十三代住持となる。寛政8年(1796)寂、75才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android