コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄檗道本 おうばく どうほん

美術人名辞典の解説

黄檗道本

江戸中期の黄檗宗の僧。福建省福清県生。姓は陳、道本は道号、法諱は寂伝、。康煕58年霊源の召書を得て渡来、長崎崇福寺六代住持となる。享保13年には伯徇・竺庵・全巌・大鵬と共に長崎を発って黄檗に登った。のち長崎に帰り、万寿庵を建てる。渡来前より詩名が高く、広く文人墨客と交遊した。詩集『蕭鳴草』一巻がある。また書も能くし、中国古来の伝統書風を伝えている。享保16年(1731)寂、68才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android