黄檗道者(読み)おうばく どうじゃ

美術人名辞典の解説

黄檗道者

江戸前期の渡来禅僧。道者は号、法諱は超元。字は若一。福建省生。字は若一。費隠通容の資亘信行に参じて法を嗣ぐ。隠元の法姪。長崎に渡来し崇福寺三世となり、平戸松浦侯の請によって同地普門寺に住し黄檗宗風を挙揚した。門下に盤珪永琢黄檗慧極等がいる。万治3年(1660)寂。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android