黄檗道者(読み)おうばく どうじゃ

美術人名辞典の解説

黄檗道者

江戸前期の渡来禅僧。道者は号、法諱は超元。字は若一。福建省生。字は若一。費隠通容の資亘信行に参じて法を嗣ぐ。隠元の法姪。長崎に渡来し崇福寺三世となり、平戸松浦侯の請によって同地普門寺に住し黄檗宗風を挙揚した。門下に盤珪永琢黄檗慧極等がいる。万治3年(1660)寂。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android