コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄檗道者 おうばく どうじゃ

1件 の用語解説(黄檗道者の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

黄檗道者

江戸前期の渡来禅僧。道者は号、法諱は超元。字は若一。福建省生。字は若一。費隠通容の資亘信行に参じて法を嗣ぐ。隠元の法姪。長崎に渡来し崇福寺三世となり、平戸松浦侯の請によって同地普門寺に住し黄檗の宗風を挙揚した。門下に盤珪永琢黄檗慧極等がいる。万治3年(1660)寂。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone