コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄檗鉄牛 おうばく てつぎゅう

1件 の用語解説(黄檗鉄牛の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

黄檗鉄牛

江戸前期の黄檗宗の僧。長門須佐生。法諱は道機・慧覚・定機、道号は鉄牛、別号は自牧子。長崎崇福寺の黄檗隠元に参禅し、さらに黄檗木庵に嗣法し、万福寺創建につとめた。陸奥大年寺・相模紹太寺・武蔵弘福寺などを開創。下総椿沼の干拓に尽力し、また黄檗鉄眼大蔵経開板に協力した。著書に『鉄牛禅師語録』『自牧摘稿』。謚号は大慈普応国師。元禄13年(1700)寂、73才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone