黄檗隠元(読み)おうばく いんげん

美術人名辞典の解説

黄檗隠元

江戸前期の渡来禅僧。福建省生。隠元は道号、法諱は隆琦。福州黄檗山万福寺で出家、密雲円悟に師事する。のち費隠通容の法を嗣ぎ、万福寺住持となる。長崎興福寺の逸然性融らに招かれて来日、摂津普門寺を経て、宇治黄檗山万福寺開山となる。明の法式に則る黄檗禅を広め、後水尾天皇ら公武の厚い帰依を集めた。書・画・漢詩に優れ、黄檗三筆の一人。延宝元年(1673)寂、82才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android