コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄檗鶴亭 おうばく

1件 の用語解説(黄檗鶴亭の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

黄檗鶴亭

江戸中期の長崎黄檗宗聖福寺の僧。名は浄光・浄博、字は恵達・海眼、別号に如是道人・寿米翁・白羊山人等。長崎聖福寺の住僧で、のち宇治の黄檗山紫雲院に住し、聖福寺八世を継いだ。画は熊代熊斐に学び、南蘋風の画を能くした。特に花卉・墨蘭竹等に秀でる。天明5年(1785)寂、91才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄檗鶴亭の関連キーワード鶴亭黄檗惟一黄檗道本黄檗竺庵黄檗湛堂黄檗鉄牛黄檗独文海眼浄光鉄心道胖璞巌衍曜

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone