コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄檗鶴亭 おうばく

美術人名辞典の解説

黄檗鶴亭

江戸中期の長崎黄檗宗聖福寺の僧。名は浄光・浄博、字は恵達・海眼、別号に如是道人・寿米翁・白羊山人等。長崎聖福寺の住僧で、のち宇治の黄檗山紫雲院に住し、聖福寺八世を継いだ。画は熊代熊斐に学び、南蘋風の画を能くした。特に花卉・墨蘭竹等に秀でる。天明5年(1785)寂、91才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android