コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄檗鶴亭 おうばく

美術人名辞典の解説

黄檗鶴亭

江戸中期の長崎黄檗宗聖福寺の僧。名は浄光・浄博、字は恵達・海眼、別号に如是道人・寿米翁・白羊山人等。長崎聖福寺の住僧で、のち宇治の黄檗山紫雲院に住し、聖福寺八世を継いだ。画は熊代熊斐に学び、南蘋風の画を能くした。特に花卉・墨蘭竹等に秀でる。天明5年(1785)寂、91才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android