黄金の茶室(読み)おうごんのちゃしつ

大辞林 第三版の解説

おうごんのちゃしつ【黄金の茶室】

豊臣秀吉の茶室。三畳敷の畳は猩々緋しようじようひ、障子は紗しやで貼られ、床・壁などは全て黄金で組み立て式になっていた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黄金の茶室の関連情報