コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黎民表

美術人名辞典の解説

黎民表

明代の書画家。広東従化の人。字は惟敬、号は瑶石。民衷の弟。嘉靖13年(1534)挙人となり、河南布政使参議に至る。万暦7年(1579)致士。黄佐に師事し詩文に長じ、書は文徴明に法を受け、隷書・行草書ともによくした。また画は米法を学び、濃墨の上に緑青を加えた精彩ある山水をよくした。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android