コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黎民表

美術人名辞典の解説

黎民表

明代の書画家。広東従化の人。字は惟敬、号は瑶石。民衷の弟。嘉靖13年(1534)挙人となり、河南布政使参議に至る。万暦7年(1579)致士。黄佐に師事し詩文に長じ、書は文徴明に法を受け、隷書・行草書ともによくした。また画は米法を学び、濃墨の上に緑青を加えた精彩ある山水をよくした。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android