コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒かび病(アカクローバ)

1件 の用語解説(黒かび病(アカクローバ)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

黒かび病(アカクローバ)

地上部全体に発生する糸状菌病。葉では黒褐色、不定形の病斑となり、即座に互いに融合しては全体を覆う大型病斑となる。病斑中心部には黒い毛羽だった菌核 が形成される。激発すると、黒い菌糸が株全体に伸長し、株枯を引き起こす。病原菌は山羊の流涎症の原因となるスラフラミンというアルカロイドを産生する。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒かび病(アカクローバ)の関連キーワードすす穂病(ソルガム・スーダングラス)葉枯病(エンバク)紋枯病(エンバク)捻葉病(オーチャードグラス)白絹病(ライグラス)灰色かび病(アルファルファ)茎割病(クリムソンクローバ)黒かび病(クリムソンクローバ)黒かび病(ストロベリークローバ)灰色かび病(ヘヤリーベッチ)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone