黒島ウラビシ・キャングチ・仲本海岸海域公園地区(読み)くろしまウラビシ・キャングチ・なかもとかいがんかいいきこうえんちく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒島ウラビシ・キャングチ・仲本海岸海域公園地区
くろしまウラビシ・キャングチ・なかもとかいがんかいいきこうえんちく

沖縄県西部竹富町西表石垣国立公園の海域。1977年黒島キャングチ海中公園地区として指定。2009年法改正により,黒島キャングチ海域公園地区に名称変更。2012年区域を拡張し,現名称に変更。面積約 24.03km2黒島沖合い一帯の礁湖と礁原および水道部を含む海域。礁湖は水深 2~7mで,サンゴが大規模に群生している。スズメダイ科,チョウチョウウオ科の熱帯魚類も豊富。(→海域公園地区

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android