黒川 弥太郎(読み)クロカワ ヤタロウ

20世紀日本人名事典の解説

黒川 弥太郎
クロカワ ヤタロウ

昭和期の俳優



生年
明治43(1910)年11月15日

没年
昭和59(1984)年6月23日

出生地
神奈川県横浜市磯子区中原町

本名
黒川 清隆(クロカワ キヨタカ)

学歴〔年〕
横浜商業専修学校卒

経歴
昭和8年、新国劇に入り、名古屋御園座で初舞台。2年後、日活京都に移り、「髑髏飛脚(どくろびきゃく)」で映画界にデビュー。時代劇ひと筋にクールな二枚目俳優として数多くの映画に出演、テレビや舞台でも渋い演技を見せた。代表作は「森の石松」「丹下左膳」「関の弥太っぺ」「次郎長血笑記」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

黒川 弥太郎
クロカワ ヤタロウ


職業
俳優

本名
黒川 清隆(クロカワ キヨタカ)

生年月日
明治43年 11月15日

出生地
神奈川県 横浜市磯子区中原町

学歴
横浜商業専修学校卒

経歴
横浜市役所勤務を経て、昭和8年新国劇に入り、同年名古屋御園座で初舞台。10年日活京都に移り、黒川弥太郎を名乗り、「髑髏飛脚(どくろびきゃく)」で映画界にデビュー。つづいて山中貞雄監督の「怪盗白頭巾」「森の石松」や「丹下左膳」に出演し、人気を博した。12年JOスタヂオ(のちの東宝)に移り、「東海美女伝」(12年)「風車」(13年)「沼津兵学校」(14年)に主演したが、以後は常に大物スターと共演し助演を務める。戦後、22年新東宝に移り、大河内伝次郎主演作品を中心に助演者として活躍。28年大映京都に移り、「関の弥太っぺ」などに主演。35年東映京都に入社。工藤栄一監督「次郎長血笑記」シリーズなどに出演。37年以後は舞台やテレビに活躍の場を移す。時代劇ひと筋にクールな二枚目俳優として渋い演技を見せた。

没年月日
昭和59年 6月23日 (1984年)

伝記
大映チャンバラ黄金時代 十一人の剣豪―石割平コレクション 石割 平 編・著,円尾 敏郎 編(発行元 ワイズ出版 ’00発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android