コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒後家蜘蛛 くろごけぐも

大辞林 第三版の解説

くろごけぐも【黒後家蜘蛛】

ゴケグモの一種。最も毒性の強い毒グモとして知られる。全身黒色で、球状の腹部の後端と背面に赤斑がある。屋内性で、廃屋や地下室など涼しくて暗い所に不規則な巣を張る。毒は神経毒で筋肉の痙攣けいれん・麻痺を起こし、ときには死亡する。カナダ南部から中央アメリカに分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

黒後家蜘蛛の関連キーワード中央アメリカアシモフ神経毒地下室背面麻痺一種後端廃屋毒性腹部分布球状

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android