コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒松内低地断層帯

1件 の用語解説(黒松内低地断層帯の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

黒松内低地断層帯

複数の活断層が集まりながら日本海側の寿都から黒松内を経て長万部へと続く。国の地震調査研究推進本部は長さ32キロ以上で、M7・3以上の地震が起こる可能性を指摘してきた。北電は泊原発の耐震安全性評価で、この断層帯を含む計18の活断層が泊原発周辺の陸域と海底にある、とした。

(2011-08-13 朝日新聞 朝刊 1道)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒松内低地断層帯の関連キーワード活断層だし地震断層会座谷空木日本海側気候活断層の調査活断層をめぐる規制政府の活断層評価推定活断層

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黒松内低地断層帯の関連情報