コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒湯[温泉] くろゆ

世界大百科事典 第2版の解説

くろゆ【黒湯[温泉]】

秋田県東部,仙北郡田沢湖町にある温泉。田沢湖線田沢湖駅からバスの便がある。明治中期までは亀ノ湯と呼ばれた古い湯治場で,乳頭山(1478m)西麓にある乳頭温泉郷の最奥に位置する。泉質は単純硫化水素泉で,泉温は78℃。湯量の多いことから湯滝による〈打たせ湯〉や露天ぶろが楽しめる。近くの田沢湖高原温泉の湯はここからの引湯である。【谷沢 明】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の黒湯[温泉]の言及

【乳頭温泉郷】より

…秋田県東部,仙北郡田沢湖町にある温泉群。烏帽子(えぼし)岳(乳頭山,1478m)西斜面を下る先達(せんだつ)川上流の谷間にあり,鶴ノ湯,黒湯,孫六湯,蟹場(がにば),大釜,妙ノ湯の6温泉からなる。泉質は硫化水素泉,硫黄泉,単純泉などで,泉温は60℃前後が多く,湧出量はいずれも豊富である。…

※「黒湯[温泉]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報