黒田 チカ(読み)クロダ チカ

20世紀日本人名事典の解説

黒田 チカ
クロダ チカ

大正・昭和期の化学者 お茶の水女子大学名誉教授。



生年
明治17(1884)年3月24日

没年
昭和43(1968)年11月8日

出生地
佐賀県佐賀郡松原町(現・佐賀市)

学歴〔年〕
東京女高師〔明治39年〕卒

学位〔年〕
理学博士〔昭和4年〕

主な受賞名〔年〕
日本化学会真島褒章〔昭和11年〕,紫綬褒章〔昭和34年〕,勲三等宝冠章〔昭和40年〕

経歴
大正2年東北帝国大学理学部化学科に帝大初の女子研究生として入学、真島利行に師事、有機化学を研究した。福井女子師範学校教諭、東京女子高等師範学校(現・お茶の水女子大学)助教授兼教諭を経て、7年教授。10〜12年文部省在外研究員として英国に留学。紫根、紅花など日本の植物色素について研究、昭和4年西欧の科学者に先駆して紅花の色素の構造研究の論文を発表。27年にはタマネギの色素研究から血圧降下剤を作り出すことに成功した。日本における女性科学者の草分けの一人。平成11年東北大学により、学業で成果や努力が認められた同大の女子大学院生に贈られる黒田チカ賞が創設された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

黒田 チカ (くろだ ちか)

生年月日:1884年3月24日
大正時代;昭和時代の化学者。お茶の水女子大学教授
1968年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒田 チカの関連情報