コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黛 敏郎 Mayuzumi Toshiro

2件 の用語解説(黛 敏郎の意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

黛 敏郎

神奈川県生まれ。1949年東京音楽学校(現東京芸大)卒業。橋本國彦、池内友次郎伊福部昭に師事。当時から、ストラヴィンスキーを初めとする様々な作風を学ぶとともに、ジャズや東洋の音楽にも親しむ。51年同 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について | 情報

20世紀日本人名事典の解説

黛 敏郎
マユズミ トシロウ

昭和・平成期の作曲家 日本作曲家協議会会長;日本音楽著作権協会会長;東京芸術大学講師。



生年
昭和4(1929)年2月20日

没年
平成9(1997)年4月10日

出生地
神奈川県横浜市

学歴〔年〕
東京音楽学校研究科〔昭和26年〕卒,パリ音楽院作曲科〔昭和27年〕中退

主な受賞名〔年〕
国際現代音楽作曲コンクール入選〔昭和31年・32年・38年〕,毎日映画コンクール音楽賞〔昭和25年・32年・38年・40年〕,尾高賞〔昭和33年・41年〕,毎日演劇賞〔昭和33年〕,ブルーリボン賞(音楽賞)〔昭和40年〕,ギャラクシー賞〔昭和42年〕,菊池寛賞(第19回)〔昭和46年〕,ベストドレッサー〔昭和47年〕,仏教伝道文化賞〔昭和50年〕,紫綬褒章〔昭和61年〕

経歴
昭和26年パリに留学。帰国後、28年團伊玖磨芥川也寸志とともに三人の会結成。同年日本初のミュージック・コンクレート(現実音を電子音響機器で加工し、テープ編集した音楽)作品「X・Y・Z」、30年初の電子音楽作品「習作I」を制作。32年20世紀音楽研究所創立。また、ドイツ語の台本によるオペラ金閣寺」(昭51年)、オラトリオ日蓮上人」の他、映画音楽も多数手掛けた。作曲だけでなく、「題名のない音楽会」などテレビの司会にも活躍。また、改憲論者としての発言も活発に行なう。平成6年日本音楽著作権協会会長に就任。他の代表作は「10楽器のためのディヴェルティメント」「スフェノグラム」「7つのヴァリエーション」「涅槃交響曲」「BUGAKU(舞楽)」「東京オリンピック」、「トーン・プロレマス55」など。著書に「私の茶道入門」「題名のない音楽会」「題名のない独白」などがある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
20世紀日本人名事典について | 情報

黛 敏郎の関連キーワードイタリア映画日中関係文化勲章吉田茂内閣早稲田文学国際赤十字IRC映倫イェンゼン沖電気工業[株]

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黛 敏郎の関連情報