コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼈甲斎虎丸(3代) べっこうさい とらまる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鼈甲斎虎丸(3代) べっこうさい-とらまる

1885-1938 明治-昭和時代前期の浪曲師。
明治18年6月4日生まれ。歌舞伎,新派の役者をへて2代虎丸の門下となり,吉右衛門を名のる。明治40年3代を襲名。独自の語り口の「安中草三郎(あんなかそうざぶろう)」で人気をたかめた。昭和13年5月5日死去。54歳。東京出身。本名は荒井正三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鼈甲斎虎丸(3代)の関連キーワードマキノ雅広久松静児歴史小説バッジ稲垣浩清水宏田坂具隆山本嘉次郎日本の医学史(年表)亡命文学

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android