コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼓打ち つづみうち

大辞林 第三版の解説

つづみうち【鼓打ち】

鼓を打ち鳴らすこと。また、その人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鼓打ちの関連キーワード望月太左衛門(4世)笠屋又九郎(初代)御田植式[伊雑宮]五木村の太鼓踊りオタン・トゥラル春駒(祝福芸)じゃんがら念仏壬生の花田植チョンダラーつんつく踊堅田喜惣治八帖花伝書梅屋勘兵衛出雲の阿国ジャンガラ南部神楽志賀山流エイサー堅田喜蔵ペーロン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鼓打ちの関連情報