コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼓腸・鼓脹 こちょう

大辞林 第三版の解説

こちょう【鼓腸・鼓脹】

腸管内に大量のガスがたまり腹部が膨隆した状態。腸閉塞・胃潰瘍や虫垂炎の穿孔による急性腹膜炎などで見られ、嘔吐や腹痛を伴う。
牛・羊など反芻動物の第一胃で食物が発酵してガスを発生し膨隆する病気。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鼓腸・鼓脹の関連キーワード急性腹膜炎反芻動物腸閉塞胃潰瘍虫垂炎腹部ガス穿孔膨隆

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android