コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼕鼕・鏜鏜・鞺鞳 とうとう

大辞林 第三版の解説

とうとう【鼕鼕・鏜鏜・鞺鞳】

( トタル ) [文] 形動タリ 
波や水の流れが勢いよく音をたてるさま。 「 -たる水の音/自由の凱歌 夢柳
鼓や太鼓などの鳴りわたるさま。 「つづみ-と打ち/沙石 七・古活字本
物音が軽くひびくさま。とんとん。 「扇ぬき出し、銚子の長柄を-とうつて/狂言・二千石」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鼕鼕・鏜鏜・鞺鞳の関連キーワード二千石