コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼻くそ(鼻糞) はなくそnose wax

1件 の用語解説(鼻くそ(鼻糞)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はなくそ【鼻くそ(鼻糞) nose wax】

鼻粘膜からの分泌物が鼻入口部で乾燥してできたもの。ほこりが混ざっていることが多い。指でとろうとすると出血して血のついた痂皮(かさぶた)となることもある。萎縮性鼻炎ではとくに量が多く悪臭を伴う。【寺尾 彬】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の鼻くそ(鼻糞)の言及

【鼻】より

…脊椎動物の頭の前部にある嗅覚器で,四足動物では呼吸器系の入口にもなっている中空の器官。外面に見える部分をさすことも多い。付属した部分も含めて一般に鼻器ともいう。
【動物の鼻】
 古生代の無顎(むがく)類に属した原始魚類には,外鼻孔つまり外界に開く鼻の入口を1対もつグループ(双鼻類)と,正中部に1個だけもつグループ(単鼻類)があった。後者のうち最もよく知られている頭甲類という仲間では,頭胸部をおおう堅固な骨性の装甲の背面で,両眼の中間に松果体孔,その少し前方に単一の外鼻孔external naresがあった。…

※「鼻くそ(鼻糞)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone