コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼻涙管狭窄/鼻涙管閉塞 びるいかんきょうさくびるいかんへいそくStenosis and Obstruction of Nasolacrimal Duct

家庭医学館の解説

びるいかんきょうさくびるいかんへいそく【鼻涙管狭窄/鼻涙管閉塞 Stenosis and Obstruction of Nasolacrimal Duct】

[どんな病気か]
 上下のまぶた(眼瞼(がんけん))の内側には、それぞれ1つずつ小さな孔(あな)(涙点(るいてん))があり、そこから鼻に向かって涙を排出する、涙道(るいどう)と呼ばれる道があります。
 その途中のどこかが狭くなった状態を鼻涙管狭窄、閉じてしまった状態を鼻涙管閉塞といいます。
 いずれも目から鼻までの涙の流れが悪くなったり、まったく流れなくなるので、目がうるんだり、涙がこぼれるなどの流涙(りゅうるい)を訴えます。
[原因]
 生まれた直後からおこる先天性のものと、ある程度年齢が進んでからおこる後天性のものがあります。
 とくに先天性の場合は、ある意味で軽度の形態異常といえます。一方、中高年にみられるもののうちの一部は、鼻の手術の後や蓄膿症(ちくのうしょう)など、鼻の粘膜(ねんまく)が悪い人によくおこります。
[検査と診断]
 涙道に生理的食塩水を通して、鼻まで水が通るかどうかを調べる涙道通水検査(るいどうつうすいけんさ)を行ないます。通水しない場合は、涙道ブジーという細い針金状のものを涙道に通し、どこでつまっているかを調べます。
[治療]
 狭窄だけがみられる場合は、シリコンでできた涙道チューブを留置する手術が有効です。
 閉塞している場合、つまっている部分の範囲が狭ければ、チューブだけで治ることがあります。チューブで治らない場合には、涙嚢鼻腔吻合術(るいのうびくうふんごうじゅつ)という手術を行なって、鼻根部(びこんぶ)に人工的な涙の流れる道をつくります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

鼻涙管狭窄/鼻涙管閉塞の関連キーワード慢性涙嚢炎

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android