コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

龍公美

1件 の用語解説(龍公美の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

龍公美

江戸後期の彦根藩儒。山城伏見生。字は君玉、号は草盧・竹隠・松菊主人・呉竹翁等。荻生徂徠太宰春台の学を慕い、宇野明霞に師事、彦根藩に儒臣として仕え、のち帰京して著述に専念した。詩を能くし、詩社幽蘭社を開く。また詩書画・和歌・和文にも秀れた。寛政4年(1792)歿、78才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

龍公美の関連キーワード阪井虎山岡汝粛三宅錦川伏見貞教親王岳鳳菅一翁竜草廬飯田雲台島屋平助田中芹坡

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone