コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虜・侶・呂・慮・旅・膂・虜 りょ

大辞林 第三版の解説

りょ【虜・侶・呂・慮・旅・膂・虜】

【 呂[音] リョ ・ロ
中国や日本で、陰の音律。 「呂旋・呂律りよりつろれつ)・律呂」
【侶】 [音] リョ ・ロ
とも。つれあい。みちづれ。 「僧侶・伴侶」
【旅】 [音] リョ
たび。たびをする。たびびと。 「旅客・旅館・旅寓りよぐう・旅券・旅行・旅次・旅愁・旅宿・旅情・旅装・旅程・旅費・羈旅きりよ・逆旅げきりよ
中国の昔の軍制で、兵士五〇〇人の軍隊。転じて、軍隊。 「旅団・軍旅・征旅」
【虜( 虜 )】 [音] リョ
いけどりにする。とりこ。 「虜獲・虜囚・虜掠りよりやく・俘虜ふりよ・捕虜」
敵や異民族をののしっていう語。 「胡虜こりよ
【 膂[音] リョ
ちから。体力。 「膂力」
【慮】 [音] リョ
思いめぐらす。おもんぱかる。 「慮外・遠慮・考慮・顧慮・熟慮・焦慮・思慮・浅慮・短慮・配慮・無慮・憂慮」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android