コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

  • コトバンク
  • > 大辞林 第三版
  • > 僧・層・巢・争・倉・僧・創・双・叟・叢・喪・嗽・噪・壮・壯・奏・宗・層・巣・惣・想・愴・挿・捜・掃・掻・搔・插・操・早・曹・曽・曾・桑・槍・槽・漕・漱・燥・爪・爭・爽・痩・瘦・瘡・相・窓・箏・糟・綜・総・總・聡・草・荘・莊・葬・蒼・藪・藻・装・裝・走・踪・躁・送・遭・雙・霜・騒・騷とは

僧・層・巢・争・倉・僧・創・双・叟・叢・喪・嗽・噪・壮・壯・奏・宗・層・巣・惣・想・愴・挿・捜・掃・掻・搔・插・操・早・曹・曽・曾・桑・槍・槽・漕・漱・燥・爪・爭・爽・痩・瘦・瘡・相・窓・箏・糟・綜・総・總・聡・草・荘・莊・葬・蒼・藪・藻・装・裝・走・踪・躁・送・遭・雙・霜・騒・騷 そう

大辞林 第三版の解説

そう【僧・層・巢・争・倉・僧・創・双・叟・叢・喪・嗽・噪・壮・壯・奏・宗・層・巣・惣・想・愴・挿・捜・掃・掻・搔・插・操・早・曹・曽・曾・桑・槍・槽・漕・漱・燥・爪・爭・爽・痩・瘦・瘡・相・窓・箏・糟・綜・総・總・聡・草・荘・莊・葬・蒼・藪・藻・装・裝・走・踪・躁・送・遭・雙・霜・騒・騷】

【双(雙)】 さう [音] ソウ
ふたつ。対つい。 「双肩・双手・双生・双翼・双眼鏡」
ならぶ。匹敵する。 「双璧そうへき・無双」
【 爪さう [音] ソウ
つめ。 「爪牙そうが・指爪」
外国語の音訳字。 「爪哇ジヤワ」 〔「瓜」は別字〕
【壮(壯)】 さう [音] ソウ
若く元気な年頃。三、四〇代の男。 「壮漢・壮士・壮者・壮丁・壮齢・少壮」
勇ましい。さかんである。 「壮快・壮挙・壮健・壮言・壮絶・壮図・壮烈・強壮・悲壮・勇壮」
立派だ。大きい。 「壮観・壮大・壮麗・広壮・豪壮」
【早】 さう [音] ソウ ・サッ
ある期間・時間のうち、初めの方。 「早期・早暁・早秋・早春・早朝」
時期としてはやい。若い。 「早婚・早世・早退・早発・早晩・尚早」
物事にかける時間が短い。すみやか。 「早急さつきゆうそうきゆう)・早熟・早早・早速さつそく
はやまる。軽はずみだ。 「早計」
【争(爭)】 さう [音] ソウ
あらそう。あらそい。 「争議・争奪・争覇・争乱・競争・抗争・政争・戦争・闘争・紛争・論争」
いさめる。 「諫争かんそう
【走】 [音] ソウ
はしる。 「走破・走路・滑走・競走・疾走・馳走ちそう・帆走・暴走・奔走」
逃げる。 「脱走・逃走・遁走とんそう・敗走」
走り使いをする。 「走狗そうく
【宗】 [音] ソウ ・シュウ
祖先。みたまや。 「宗社・宗廟そうびよう・祖宗」
おおもと。本家。一族。 「宗家・宗室・宗族」
中心として尊ばれるもの。大切なもの。 「宗主・宗匠」
神や仏の教え。また、その一つの派。 「《シュウ》宗教・宗旨・宗徒・宗派・宗門・宗論・真宗・禅宗・浄土宗」
【奏】 [音] ソウ
さし上げる。献上する。 「奏書・奏覧」
申し上げる。 「奏者・奏上・奏請・奏聞・執奏・伝奏」
楽器を鳴らす。 「奏楽・奏者・演奏・合奏・吹奏・弾奏・独奏・伴奏・協奏曲」
なしとげる。 「奏功・奏効」
【相】 さう [音] ソウ ・ショウ
かたち。ありさま。すがた。 「相好そうごう・相貌そうぼう・家相・観相・形相・真相・人相・貧相・面相・様相」
みる。うらなう。 「相術・相法」
互いに。ともに。 「相違・相応・相互・相剋そうこく・相殺そうさい・相思・相似・相識・相対・相談・相当」
受け継ぐ。 「相続・相伝」
君主を助ける。大臣。 「《ショウ》外相・宰相・首相」
「相模さがみ国」の略。 「相州」
【草】 さう [音] ソウ
くさ。 「草原・草食・草本・草木・雑草・除草・牧草・薬草・野草・緑草」
草深い。いなか。 「草沢」
間に合わせの。簡単な。 「草庵そうあん・草草・草堂」
下書き。 「草案・草稿・起草」
漢字の書体の一。行書ぎようしよをさらにくずした書体。 「草書・草体・真行草」
はじめ。はじまり。 「草創・草昧そうまい
【荘(莊)】 さう [音] ソウ ・ショウ
おごそか。整っている。 「荘厳そうごん・荘重そうちよう
いなかの家。別宅。 「山荘・別荘」
旅館などの宿泊設備。 「旅荘」
貴族や寺院などが私有する土地。 「《ショウ》荘園・荘官」
荘子のこと。 「荘子・老荘」
【送】 [音] ソウ
物をよそへやる。おくる。 「送還・送金・送検・送達・送電・運送・転送・電送・発送・返送・郵送・輸送」
見おくる。 「送迎・送辞・送別・歓送・葬送・奉送・目送」
【倉】 さう [音] ソウ
くら。 「倉庫・倉廩そうりん・営倉・穀倉」
あわてる。にわか。 「倉皇・倉卒」
【 叟[音] ソウ
老人。おきな。 「村叟・三番叟さんばそう
【捜(搜)】 さう [音] ソウ
さがす。さぐる。 「捜査・捜索」
【挿(插)】 さふ [音] ソウ
さす。さしはさむ。さし入れる。 「挿秧そうおう・挿花・挿入・挿話」
【桑】 さう [音] ソウ
くわのき。 「桑園・桑海・桑梓そうし・桑田・扶桑」
【巣( 巢 )】 さう [音] ソウ
鳥・虫・獣のすみか。 「営巣・燕巣えんそう・帰巣」
集まっている場所。 「巣窟・病巣・卵巣」
【掃】 さう [音] ソウ
はく。 「掃除そうじ・清掃」
すっかりのぞく。 「掃海・掃射・掃討・掃滅・一掃」
【曹】 さう [音] ソウ
下級の役人。裁判にたずさわる属官。 「法曹」
役所。部屋。つぼね。 「曹司ぞうし
ともがら。なかま。 「吾曹」
軍隊で、下士官。 「曹長・軍曹・兵曹」
【爽】 さう [音] ソウ
さわやか。すがすがしい。 「爽快・爽涼・清爽・颯爽さつそう
あかるい。あきらか。 「俊爽・昧爽まいそう
【窓】 さう [音] ソウ
まど。まどのある部屋。 「窓下・窓外・窓前・蛍窓けいそう・獄窓・車窓・深窓・同窓」
【創】 さう [音] ソウ
きずつける。きず。 「創痍そうい・金創・刀創・絆創膏ばんそうこう
はじめる。はじめてつくる。 「創意・創刊・創業・創世・創設・創造・創立・草創・独創」
【喪】 さう [音] ソウ
も。とむらい。 「喪家・喪礼・国喪・除喪・大喪」
失う。なくす。 「喪失・喪心・喪神」
【 惣[音] ソウ
すべて。 「惣菜・惣領」
中世の農民の自治組織。 「惣中」 〔「総」とも書き換えられる〕
【曽】 [音] ソウ ・ソ
かつて。以前に。 「曽遊・未曽有みぞう
直系の三等親。 「曽孫・曽祖父・曽祖母」
【葬】 さう [音] ソウ
ほうむる。 「葬儀・葬具・葬祭・葬送・葬列・会葬・改葬・火葬・合葬・土葬・本葬・埋葬・密葬」
【装(裝)】 さう [音] ソウ ・ショウ
身なりを整える。よそおう。 「《ソウ》仮装・軽装・盛装・男装・服装・武装・扮装ふんそう・変装・洋装・旅装」 「《ショウ》装束・衣装」
飾る。外側を飾る。 「装飾・装丁・改装・新装・表装・装身具」
機械などをとりつける。 「装置・装塡そうてん・装備・艤装ぎそう・装甲車」
【僧( 僧 )】 [音] ソウ
出家して仏門にはいった人。 「僧院・僧正そうじよう・僧都そうず・僧籍・僧俗・僧尼・僧侶そうりよ・高僧・禅僧・尼僧・虚無僧こむそう・破戒僧・仏法僧」
【想】 さう [音] ソウ ・ソ
思い浮かべる。思う。思い。 「想起・想像・想到・想念・感想・空想・構想・思想・追想・夢想・予想・理想・連想・無念無想」
【 愴さう [音] ソウ
いたむ。悲しむ。いたましい。 「愴然・悽愴せいそう・悲愴」
【 搔 さう [音] ソウ
かく。ひっかく。 「 搔爬そうは・ 搔痒そうよう
【 蒼さう [音] ソウ
あおい。 「蒼海・蒼穹そうきゆう・蒼然・蒼天・蒼波・蒼白・蒼氓そうぼう・蒼茫そうぼう
草木が茂る。 「鬱蒼うつそう
古びる。 「蒼古・蒼枯・蒼然」
あわてる。 「蒼惶そうこう
【 嗽[音] ソウ
せき。 「咳嗽がいそう
口をすすぐ。 「含嗽」
【層( 層 )】 [音] ソウ
何階もある建物。また、階。 「層楼・高層」
重なり。重なる。 「層雲・層畳・上層・断層・地層・成層圏・中間層」
社会や人々の種々の区分。階層。 「知識層・年齢層」
【 槍さう [音] ソウ
やり。 「槍術・銃槍・石槍・刀槍」
【 漕さう [音] ソウ
こぐ。 「漕手・漕艇・競漕・力漕」
船で運ぶ。 「漕運・運漕・回漕・転漕」
【 漱[音] ソウ
口をすすぐ。うがいをする。 「盥漱かんそう・含漱」
【 箏さう [音] ソウ
撥弦はつげん楽器の一。こと。 「箏曲・楽箏・俗箏」
【 綜[音] ソウ
あつめる。まとめる。 「綜合・綜覧・錯綜」
機織りで、縦糸を下に開いて横糸を通す器具。 「綜絖そうこう
【総(總)】 [音] ソウ
ふさ。糸をたばねて先を散らしたもの。 「総角・総状」
一つにまとめる。 「総括・総計・総合」
全体。すべて。 「総意・総員・総額・総称・総数・総説・総攬そうらん・総力・総辞職・総選挙・総動員」
取り締まる。支配する。 「総監・総裁・総長・総統・総督・総理・総領」
「上総かずさ国」「下総しもうさ国」の略。 「総州」 〔「惣」の書き換え字としても用いられる〕
【 聡[音] ソウ
耳ざとい。かしこい。 「聡慧そうけい・聡悟・聡察・聡知・聡明」
【遭】 さう [音] ソウ
めぐりあう。であう。 「遭遇・遭難・遭逢そうほう
【槽】 さう [音] ソウ
おけ。ふね。箱形の容器。 「酒槽・水槽・浴槽」
おけの形をしたもの。 「歯槽」
かいばおけ。 「槽櫪そうれき
【 瘡さう [音] ソウ
かさ。できもの。 「凍瘡・痘瘡・疱瘡ほうそう
きず。きずあと。 「瘡痕・瘡瘢そうはん・金瘡」
【痩】 [音] ソウ
体が細くなる。やせる。 「痩軀そうく・痩身・痩羸そうるい・肥痩」
地質が悪くなる。やせる。 「痩地」
【踪】 [音] ソウ ・ショウ
あしあと。ゆくえ。 「踪跡・失踪」
【 噪さう [音] ソウ
さわぐ。さわがしい。 「噪音・喧噪けんそう・ 蟬噪せんそう
【操】 さう [音] ソウ
手にとる。あやつる。 「操業・操觚そうこ・操作・操縦」
みさお。固く守って変えない志。 「操行・操守・志操・情操・節操・貞操」
【燥】 さう [音] ソウ
かわく。かわかす。 「乾燥・高燥・枯燥」
【 糟さう [音] ソウ
さけかす。 「糟糠そうこう・糟粕そうはく
【霜】 さう [音] ソウ
しも。また、しものように白い。 「霜害・霜雪・霜天・霜髪・秋霜・晩霜・風霜・秋霜烈日」
としつき。 「星霜」
【 叢[音] ソウ
くさむら。 「叢生・草叢」
むらがる。あつめる。 「叢雲・叢樹・叢書・叢林・淵叢えんそう・談叢」
【 藪[音] ソウ
やぶ。 「藪沢・林藪」
【騒(騷)】 さう [音] ソウ
さわがしい。乱れる。 「騒擾そうじよう・騒然・騒動・騒乱・物騒」
漢詩の一体。また、詩を解する風流。 「騒客そうかくそうきやく)・騒人・騒体・風騒」
うれい。うれえる。 「離騒」
【藻】 さう [音] ソウ
も。水草。 「藻類・海藻・珪藻けいそう・水藻」
あや。模様。また、美しい詩文。 「詞藻・文藻」
品定めする。 「品藻」
【 躁さう [音] ソウ
落ち着きがない。さわがしい。 「躁鬱そううつ・躁急・軽躁・焦躁」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

僧・層・巢・争・倉・僧・創・双・叟・叢・喪・嗽・噪・壮・壯・奏・宗・層・巣・惣・想・愴・挿・捜・掃・掻・搔・插・操・早・曹・曽・曾・桑・槍・槽・漕・漱・燥・爪・爭・爽・痩・瘦・瘡・相・窓・箏・糟・綜・総・總・聡・草・荘・莊・葬・蒼・藪・藻・装・裝・走・踪・躁・送・遭・雙・霜・騒・騷の関連キーワードソウ

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android