勉・便・勉・娩・弁・瓣・辨・辯・鞭・駢(読み)べん

大辞林 第三版の解説

べん【勉・便・勉・娩・弁・瓣・辨・辯・鞭・駢】

【弁(辨・瓣・辯)】 [音] ベン
〔辨〕
見わける。区別する。 「弁別」
わきまえる。道理にそって事を処する。 「弁証・弁務・弁理」
つぐなう。おぎなう。 「弁済・弁償」
「弁当」のこと。 「駅弁」
〔瓣〕
花びら。 「花弁」
気体・液体の出入りなどを調節する器具。 「弁膜・滑弁・安全弁・吸入弁・排気弁」
〔辯〕
しゃべる。しゃべること。 「弁口・弁巧・弁才・弁士・弁舌・多弁・駄弁・訥弁とつべん
理非を分けて語る。 「弁解・弁護・弁説べんぜつ・弁難・弁駁べんばく・弁明・弁論」
地方独特の言葉遣い。 「東京弁・東北弁」
〔弁〕 かんむり。 「武弁」 〔本来、「弁」は「辨べん」「瓣べん」「辯べん」とは別字〕
【便】 [音] ベン ・ビン
都合がよい。 「便益・便宜・便法・便覧べんらんびんらん)・便利・簡便・軽便・不便」
ついで。 「《ビン》便乗・便船」
たより。 「《ビン》便箋・後便・前便・郵便・速達便」
くつろぐ。 「便衣・便服・便殿びんでんべんでん)」
排泄はいせつすること。また、排泄物。つうじ。 「便意・便器・便所・便通・便秘・小便・大便」
弁がたつ。 「便佞べんねい
交通や輸送の手段。 「《ビン》航空便・定期便」
【勉( 勉 )】 [音] ベン
つとめる。はげむ。 「勉学・勉強・勤勉」
【 娩 】 [音] ベン
子を産む。出産する。 「分娩」
【 駢 】 [音] ベン ・ヘン
ならぶ。ならべる。つらねる。 「駢文・四六駢儷体しろくべんれいたい
【 鞭 】 [音] ベン
むち。むちでうつ。 「鞭声・鞭撻べんたつ・鞭笞べんち・教鞭・先鞭」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android