嘆・丹・単・反・單・嘆・坦・憚・憺・担・探・擔・旦・歎・淡・湍・湛・炭・疸・痰・短・站・端・箪・簞・綻・緞・耽・胆・膽・蛋・誕・譚・貪・鍛(読み)たん

大辞林 第三版の解説

たん【嘆・丹・単・反・單・嘆・坦・憚・憺・担・探・擔・旦・歎・淡・湍・湛・炭・疸・痰・短・站・端・箪・簞・綻・緞・耽・胆・膽・蛋・誕・譚・貪・鍛】

【丹】 [音] タン
辰砂しんしや。また、そのあか色。 「丹砂・丹朱・丹唇・丹青」
(東洋医学で)練り薬。また、練り薬の名前に添える語。 「丹薬・万金丹」
純粋な。まごころ。 「丹心・丹誠・丹精・丹念」
「丹後たんご国」「丹波たんば国」の略。 「丹州」
【反】
⇒ はん〔反〕 [漢]
【旦】 [音] タン ・ダン
あさ。夜明け。 「旦日・旦夕・旦暮・元旦がんたん・早旦・明旦」
【 坦 】 [音] タン
たいら。土地に高低がない。 「坦坦・坦道・坦路・平坦」
心にわだかまりがない。 「虚心坦懐」
【担(擔)】 [音] タン
になう。かつぐ。 「担架」
引き受ける。責任をもつ。 「担当・担任・担保・負担・分担」
味方する。 「加担・荷担」 〔「担」は、本来「打ち払う」意で、「擔」とは別字。「擔」の略字として用いられるようになり、今では元の意では用いない〕
【単(單)】 [音] タン
ひとつ。ひとり。 「単一・単音・単価・単記・単騎・単座・単作・単車・単色・単身・単数・単線・単打・単体・単独・単発・単複・単葉・単刀直入」
複合体を構成する個々の要素。 「単位・単元・単語」
複雑でない。変化がない。 「単純・単調・簡単」
【炭】 [音] タン
すみ。木炭。また、木炭に類似したもの。 「薪炭・活性炭」
「石炭」の略。 「炭坑・炭鉱・炭層・炭田・亜炭・褐炭・黒炭・泥炭・無煙炭」
「炭素」の略。 「炭化・炭酸・炭水化物」
【胆(膽)】 [音] タン
内臓器官の一。 「胆汁・胆石・胆囊たんのう・臥薪嘗胆がしんしようたん
度胸。きもだま。 「胆気・胆力・豪胆・小胆・大胆・落胆」
本心。心のそこ。 「肝胆・魂胆・心胆」
【 疸 】 [音] タン
おうだん。体が黄色くなる病気。 「黄疸おうだん
【 站 】 [音] タン
宿駅。馬継ぎの場所。停車場。 「車站」
ある特定の業務を行うために設けた機関。 「兵站」
【 耽 】 [音] タン
心を奪われる。熱中する。ふける。 「耽溺たんでき・耽読・耽美・耽楽」
【探】 [音] タン
さがす。さがし求める。さぐる。 「探求・探究・探険・探索・探知・探偵・探照灯」
たずねる。おとずれる。 「探勝・探訪」
【淡】 [音] タン
味や色がうすい。 「淡紅・淡彩・淡白・淡泊・淡緑・濃淡」
執着がない。あっさりしている。 「淡然・淡淡・淡白・淡泊・枯淡・恬淡てんたん・平淡・冷淡」
塩分を含まない。 「淡水」
「淡路あわじ国」の略。 「淡州」
【 蛋 】 [音] タン
たまご。 「蛋白」
【 貪
⇒ どん〔貪〕 [漢]
【 湛 】 [音] タン
水をたたえる。 「湛水・湛然・湛湛」
【 湍 】 [音] タン
水勢がはやい。早瀬。 「急湍・激湍・飛湍」
【短】 [音] タン
みじかい。 「短期・短軀たんく・短剣・短冊たんざく・短詩・短縮・短針・短刀・短波・短評・短文・短編・短命・長短・短時間・短時日」
不十分である。劣っている。 「短気・短見・短才・短所・短慮・一長一短」
【嘆( 嘆 )】 [音] タン
悲しんでため息をつく。なげく。 「嘆願・慨嘆・嗟嘆さたん・愁嘆・悲嘆」
感心してため息をつく。ほめる。 「嘆称・嘆美・詠嘆・感嘆・賛嘆・賞嘆」
驚きの声を出すこと。 「嘆声・驚嘆・長嘆」 〔「歎」の書き換え字としても用いられる〕
【 痰 】 [音] タン
せきといっしょに気管から分泌される粘液。 「痰咳たんがい・喀痰かくたん・血痰・検痰」
【端】 [音] タン
(物の)はし。 「下端・極端・上端・舌端・先端・筆端・末端」
(物事の)はじまり。 「端緒・発端ほつたん
仕事・事件。ことがら。 「多端・万端」
きちんと整っている。 「端座・端正・端然・端麗」
【綻】 [音] タン
ほころびる。 「破綻」
【 憚 】 [音] タン
はばかる。恐れ慎む。 「畏憚いたん・忌憚・敬憚」
【 歎 】 [音] タン
なげく。 「慨歎・悲歎」
たたえる。感にたえない。 「歎服・感歎」 〔「嘆」とも書き換えられる〕
【 緞 】 [音] タン ・ドン
生糸・練糸で織った紋織物の一。 「緞子どんす・緞帳どんちよう
敷物用の毛織物。 「絨緞じゆうたん
【誕】 [音] タン
生む。生まれる。 「誕生・誕辰たんしん・降誕・生誕・聖誕」
でたらめ。でたらめを言う。 「怪誕・虚誕・荒誕・妄誕もうたんぼうたん)」
【 憺 】 [音] タン
うれえる。心を煩わす。 「惨憺」
【鍛】 [音] タン
金属を熱して打つ。 「鍛造・鍛鉄・鍛冶たんや・鍛錬」
きたえる。訓練する。 「鍛錬」
【 簞 】 [音] タン
竹で編んだ食器の一。わりご。 「 簞食たんし・ 簞笥たんす
ひさご。 「瓢簞ひようたん
【 譚 】 [音] タン ・ダン
かたる。はなす。はなし。物語。 「譚歌・譚詩・奇譚・民譚みんだん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android