コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

  • コトバンク
  • > 大辞林 第三版
  • > 煮・社・者・写・叉・奢・娑・寫・射・捨・斜・沙・洒・瀉・炙・煮・砂・社・紗・者・舎・藉・謝・赦・赭・車・遮とは

煮・社・者・写・叉・奢・娑・寫・射・捨・斜・沙・洒・瀉・炙・煮・砂・社・紗・者・舎・藉・謝・赦・赭・車・遮 しゃ

1件 の用語解説(煮・社・者・写・叉・奢・娑・寫・射・捨・斜・沙・洒・瀉・炙・煮・砂・社・紗・者・舎・藉・謝・赦・赭・車・遮の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

しゃ【煮・社・者・写・叉・奢・娑・寫・射・捨・斜・沙・洒・瀉・炙・煮・砂・社・紗・者・舎・藉・謝・赦・赭・車・遮】

【 叉
⇒ さ〔叉〕 [漢]
【 写 ( 寫 ) 】 [音] シャ
書きうつす。複製をつくる。 「 写経 ・写本 ・誤写 ・縮写 ・手写 ・書写 ・謄写 ・筆写 ・複写 ・模写 」
文字や絵にえがきだす。 「 写実 ・写生 ・描写 」
カメラでうつす。 「 映写 ・試写 ・実写 ・接写 」
【 沙
⇒ さ〔沙〕 [漢]
【 社 ( 社 ) 】 [音] シャ
土地の神。 「 社祠しやし ・社稷しやしよく
やしろ。 「 社寺 ・社殿 ・社務 ・郷社 ・神社 ・摂社 ・村社 ・大社 ・末社 」
共通の目的のために組織した団体。 「 社団 ・社中 ・会社 ・結社 ・公社 ・詩社 」
世間。世の中。 「 社会 ・社交 」
「会社」などの略。 「 社員 ・社説 ・社長 ・社用 ・貴社 ・支社 ・出社 ・商社 ・退社 ・入社 ・弊社 ・本社 」
【 車 】 [音] シャ
軸を中心に回転する輪。くるま。 「 車軸 ・車輪 ・滑車 ・水車 ・風車 ・紡車 」
車輪を用いたのりもの。 「 車庫 ・車掌 ・車体 ・車道 ・車馬 ・車両 ・汽車 ・駐車 ・停車 ・電車 ・馬車 ・列車 ・機関車 ・自転車 ・自動車 ・人力車 」
【 炙[音] シャ
肉などをあぶる。また、あぶって焼いた肉。 「 膾炙かいしや
感化される。薫陶を受ける。 「 親炙 」
【 者 ( 者 ) 】 [音] シャ
ある状態にある人。もの。 「 医者 ・隠者 ・縁者 ・王者 ・学者 ・患者 ・間者 ・記者 ・愚者 ・芸者 ・後者 ・作者 ・使者 ・従者 ・勝者 ・達者 ・長者 ・筆者 ・当事者 ・有力者 」
【 舎 】 [音] シャ
たてもの。いえ。 「 舎宅 ・屋舎 ・学舎 ・官舎 ・牛舎 ・校舎 ・兵舎 ・寄宿舎 」
泊まること。また、その場所。やど。 「 舎営 ・客舎 ・旅舎 」
「寄宿舎」の略。 「 舎監 ・舎長 」
謙譲の意を表す。私の。 「 舎兄 ・舎弟 」
梵語の音訳字。 「 舎那しやな ・舎利 」
【 洒[音] シャ ・サイ
さっぱりしている。 「 洒然 ・洒脱 ・洒落しやらく ・瀟洒しようしや
そそぐ。すすぐ。 「 《 サイ 》 洒掃 」
【 砂 】
⇒ さ〔砂〕 [漢]
【 娑[音] シャ ・サ
梵語の音訳字。 「 娑婆しやばさば) ・娑羅さらしやら) ・娑羅双樹さらそうじゆ
【 射 】 [音] シャ
弓をいる。銃をうつ。 「 射芸 ・射撃 ・射殺 ・射手 ・射術 ・射場 ・射程 ・騎射 ・発射 ・乱射 」
ねらって当てる。 「 射幸 ・射倖 ・射的 」
(液体・気体などが)勢いよく出る。 「 射出 ・射精 ・注射 ・輻射ふくしや ・噴射 ・放射 」
光をあてる。光がさす。 「 照射 ・日射 」
【 紗[音] シャ ・サ
うすぎぬ。 「 錦紗きんしや ・袱紗ふくさ
外来語の音訳字。 「 更紗サラサ ・羅紗ラシヤ
【 捨 】 [音] シャ
すてる。 「 捨身 ・取捨 」
ほどこしをする。 「 喜捨 」
【 斜 】 [音] シャ
傾いている。ななめ。 「 斜影 ・斜傾 ・斜光 ・斜視 ・斜線 ・斜塔 ・斜面 ・斜陽 ・傾斜 」
【 赦 】 [音] シャ
ゆるす。 「 赦免 ・恩赦 ・大赦 ・特赦 ・容赦 」
【 奢[音] シャ
おごる。ぜいたくをする。 「 奢侈しやし ・奢靡しやび ・驕奢きようしや ・豪奢 」
【 煮 ( 煮 ) 】 [音] シャ
にる。にえる。 「 煮沸 」
【 遮 】 [音] シャ
さえぎる。 「 遮音 ・遮光 ・遮断 ・遮蔽しやへい
梵語の音訳字。 「 毘盧遮那仏びるしやなぶつ
【 赭[音] シャ
あかい。あかつち。 「 赭顔 ・赭土 ・代赭 」
【 謝 】 [音] シャ
あやまる。 「 謝罪 ・陳謝 」
ことわる。 「 謝絶 ・辞謝 」
ありがたく思う。お礼をする。 「 謝意 ・謝恩 ・謝辞 ・謝礼 ・感謝 ・月謝 ・深謝 ・多謝 ・拝謝 ・薄謝 」
いれかわる。 「 代謝 」
【 瀉[音] シャ
そそぐ。流す。 「 瀉下 ・瀉血 ・一瀉千里 」
食べた物をはく。また、腹をくだす。 「 瀉下 ・瀉痢 ・吐瀉 」
【 藉[音] シャ ・セキ
草で編んだしきもの。しく。 「 枕藉ちんせきちんしや) 」
かこつける。 「 藉口 」
いたわる。 「 慰藉 」
ふみにじる。 「 狼藉ろうぜき

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone