コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

謁・悦・謁・越・閲 えつ

大辞林 第三版の解説

えつ【謁・悦・謁・越・閲】

【悦】 [音] エツ
喜ぶこと。 「悦服・悦楽・喜悦・法悦・愉悦」
【越】 ゑつ [音] エツ ・オチ
(境界線や範囲などを)こえる。 「越境・越年」
(順序・限度・秩序などを)こえる。 「越権・越度おちど・越階おつかいえつかい)・越訴おつそえつそ)・激越・僭越せんえつ
(標準を)こえる。すぐれる。 「卓越・超越・優越」
こしの国。 「越後えちご・越前えちぜん・越州・越中」
古代の中国南部の国。 「越鳥・呉越」
「越南ベトナム」の略。
【謁( 謁 )】 [音] エツ
身分の高い人にお目にかかる。 「謁見・拝謁」
【閲】 [音] エツ
見る。調べる。 「閲兵・検閲・校閲」
読む。 「閲読・閲覧」
経過する。 「閲年・閲歴」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android