コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

謁・悦・謁・越・閲 えつ

大辞林 第三版の解説

えつ【謁・悦・謁・越・閲】

【 悦 】 [音] エツ
喜ぶこと。 「 悦服 ・悦楽 ・喜悦 ・法悦 ・愉悦 」
【 越 】 ゑつ [音] エツ ・オチ
(境界線や範囲などを)こえる。 「 越境 ・越年 」
(順序・限度・秩序などを)こえる。 「 越権 ・越度おちど ・越階おつかいえつかい) ・越訴おつそえつそ) ・激越 ・僭越せんえつ
(標準を)こえる。すぐれる。 「 卓越 ・超越 ・優越 」
こしの国。 「 越後えちご ・越前えちぜん ・越州 ・越中 」
古代の中国南部の国。 「 越鳥 ・呉越 」
「越南ベトナム」の略。
【 謁 ( 謁 ) 】 [音] エツ
身分の高い人にお目にかかる。 「 謁見 ・拝謁 」
【 閲 】 [音] エツ
見る。調べる。 「 閲兵 ・検閲 ・校閲 」
読む。 「 閲読 ・閲覧 」
経過する。 「 閲年 ・閲歴 」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android