コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

.EXEファイル どっとえぐぜふぁいる

1件 の用語解説(.EXEファイルの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

.EXEファイル

MS-DOSやWindowsWindows NT環境において、EXEモデルプログラミングされた実行ファイルを格納しておくためのファイル形式ファイルの拡張子が.EXEとなっている。COMモデルと違って、扱えるコードデータには制限がない。ファイルの先頭にはEXEヘッダー呼ばれる、シグネチャ(正しい.EXEファイルであることを示すマーク)、ファイル内のデータのサイズスタック位置、実行開始アドレスリロケータブル項目などの情報が置かれている。またWin32アーキテクチャー対応の実行ファイルの場合は、Win32対応のプログラムを格納するための新しいヘッダー(NEW EXEヘッダー)とそのデータ自身なども格納されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

.EXEファイルの関連キーワードMS-DOSコマンドプロンプトDoS攻撃DOSドライブ名パイプFATFEPプロンプトNTFS

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone