コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

04年の噴火

1件 の用語解説(04年の噴火の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

04年の噴火

04年9月1日夜に中規模噴火が発生、11月14日までに計4回あった。火口から北西200メートル下に直径約5メートルの噴石が落ち、直径50センチ以上の噴石は風向きに関係なく半径2・4キロ以内の全方位に飛散した。群馬県側で直径10センチ以上の噴石が火口から4キロ離れた有料道路や6キロ離れた別荘地に到達し、軽井沢町でも直径6センチ以上の噴石が火口から3キロの山麓に及んだ。小規模噴火や、ごく小規模な噴火は12月までに約2千回。9月15〜18日の連続噴火では、火山灰が山麓に降り注いだほか、首都圏や東北地方にも達した。一連の噴火による人的被害はない。

(2006-09-07 朝日新聞 朝刊 長野全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

04年の噴火の関連キーワード浅間山三宅島伊豆大島噴火予知日夜浅間山の立ち入り規制大規模カルデラ噴火富士山噴火噴火の定義宝永噴火

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone