コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

09年問題

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

09年問題

労働者派遣法は派遣社員の契約期間を最長3年と定め、それを超える場合は直接雇用を義務付けている。06年、事実上の労働者派遣を受けたメーカーが形式的に請負を装って責任回避を図る「偽装請負」が社会問題化。メーカーが一斉に派遣に切り替えた結果、3年後の09年に契約期限が集中した。対応を迫られたメーカーは昨年半ばからの景気悪化で、削減しやすい派遣社員の契約打ち切り(派遣切り)に走った。

(2009-10-09 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

09年問題の関連キーワード直接雇用と09年問題2009年問題労働者派遣法

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

09年問題の関連情報