コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

1人あたり県民所得

1件 の用語解説(1人あたり県民所得の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

1人あたり県民所得

企業所得、財産所得雇用者報酬の合計である県民所得を、各都道府県の人口で割ったもの。内閣府が毎年公表しているが、2月29日発表の09年度の数字では、熊本県は218万3千円(平均は279万1千円)。最高は東京都の390万7千円、最低は高知県の201万7千円だった。

(2012-03-02 朝日新聞 朝刊 熊本全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

1人あたり県民所得の関連キーワード可処分所得雑所得営業所得勤労所得財産所得雇用者報酬実質雇用者報酬名目雇用者報酬農家所得農家総所得

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

1人あたり県民所得の関連情報