コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

1株あたり利益 EPS

1件 の用語解説(1株あたり利益 EPSの意味・用語解説を検索)

人材マネジメント用語集の解説

1株あたり利益 EPS

1株あたり利益 EPS (earnings per share)
・EPS = 税引き当期利益 ÷ 発行済み株式
・1株あたりの利益額で収益性を判断する指標であり、投資した企業が1株あたりどの程度の利益に結び付いたかを示している。
・EPSを高めるには増益か、自社株消却を行い発行済み株式数を減らす等が考えられる。
・指標としての活用方法は、発行株式数の異なる他社と比較するのではなく、当該企業のEPSの時系列データから業績の成長性を判断するのが一般的である。EPSが安定的に成長している会社は業績が拡大していることが読み取れる。
・但し、新株引受権の行使や株式転換等潜在株式が存在する場合、発行株式数が増加しEPSが低下する希薄化するリスクに留意しなければならない。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

1株あたり利益 EPSの関連キーワード1株あたり利益自社株買BPS(Book-value per share)PER(Price earning ratio)EPS(1株当たり利益)PER(株価収益率)EPS(Earning per share)配当性向・配当利回りPER(Price Earnings Ratio)一株当たり利益

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone