コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

1次デンドライト いちじでんどらいと

世界大百科事典内の1次デンドライトの言及

【樹枝状晶】より

…固相の成長速度は結晶方向によって異なるので,固相のある個所に突起部が生じる。突起部は平面部に比べて溶融液中への熱の消散速度が大きいことから,ますます優先的に成長し,幹(1次デンドライト)を形成する。やがて1次デンドライトに,その軸の直角方向に突起部を生じ,枝(2次デンドライト)を形成する。…

※「1次デンドライト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報