1~3次救急

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

かぜによる高熱や家庭では処置できない切り傷といった症状診察治療するのが1次救急で、初期救急とも言う。2次救急は、入院手術を必要とする患者が対象で、3次救急は生命に危険が及ぶような重症・重篤患者への対応を担う。1次は開業医や休日夜間急患(急病)センター、2次は24時間体制で手術ができる設備を備えた病院による輪番制をとっているのが基本。3次は救命救急センターで、道内に9カ所ある。

(2009-01-27 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android