コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

10種競技(デカスロン)

1件 の用語解説(10種競技(デカスロン)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

10種競技(デカスロン)

100メートル走り幅跳び砲丸投げ走り高跳び、400メートル(以上1日目)、110メートル障害、円盤投げ棒高跳びやり投げ、1500メートルの順に2日間かけて行い、各記録を点に換算した合計で競う。ジュニア時代から混成競技を重視する欧米などで人気が高く、勝者は「キング・オブ・アスリート」の称号を得る。「デカスロン」はギリシャ語で10の意味の「デカ」と、競技を意味する「アスロン」の合成語。女子には7種競技(ヘプタスロン)がある。

(2012-06-12 朝日新聞 朝刊 静岡全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

10種競技(デカスロン)の関連キーワード再婚禁止期間タイソン ゲイ利回り北島康介藤田秀世西澤裕介百万遍念仏気温仁王会ラスパイレス指数

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone